【追記】中邑&オートンvsオーエンズ&サミ!【WWE・スマックダウンライブ 2017.10.17】

WWE・SmackDown LIVE・2017.10.17(日本時間10月18日)の試合結果、動画をご紹介!

スポンサーリンク

サミ・ゼイン

SmackDown LIVEのダニエル・ブライアンGMが登場、ヘルインアセルに関して、言わなければならない人物がいる。彼の行動にはガッカリした。サミ・ゼインのことだ。スマックダウンライブに来た時は、彼が欲しかったが…と言うと、サミ・ゼイン選手が登場、ダニエル・ブライアンGMはこれが13年間知っているサミ・ゼインなのか?と尋ねる。

サミ・ゼイン選手は何も変わっていない。自分のキャリアを取り戻そうとしただけだ、そしてあなたなら理解してくれると思っていたと返答。

さらに俺たちは同じじゃない、そして経営者はお前をスーパースターにした、イエス・ムーヴメントを始めた、そしてレッスルマニアのメインイベントにしたじゃないかと反論。

さらに俺は正しいことを全てやってきた、観客からの声援を得て、経営者が望むようにしてきたが、彼らは何もしなかった、そして俺はもう何も気にしない。あなたも一生懸命働く代わりにもう少し賢ければ、この場所で引退する必要はなかっただろう、そして結果的に主夫になってしまったんだと言ってしまう。

そこにケビン・オーエンズ選手も現れ、長く闘い続けてきた結果だ。彼は偽善者だと言うと、ダニエル・ブライアンGMは俺はファンにとってベストな事をしているんだと言い返すが、ケビン・オーエンズ選手はお前はビジネスにとってベストな事しか考えていない。今やオーソリティだと反論。

サミ・ゼイン選手もこれに同意すると二人はハグ、ダニエル・ブライアンGMはリングを去り、お前たちの顔面を殴りつけてくれる奴らを探してくると言い残す。

6人タッグマッチ

〇 シャーロット・
フレアー
フィギュアエイト

vs

ナタリア
ベッキー・リンチタミーナ
ナオミ× ラナ

シャーロット・フレアー選手がフィギュアエイトで勝利!

試合後、ナタリア選手がイス攻撃を狙うも、シャーロット・フレアー選手はイスを気にせず蹴り飛ばす。

パルプファッション

パルプファッションがブリーザンゴとアセンションでスタート!

スポンサーリンク

シン・カラvsコービン

〇 シン・カラ
リングアウト
vs× バロン・コービン

シン・カラ選手がコーナーポストから場外のバロン・コービン選手にボディプレス、リングアウトで勝利!

ジンダー・マハル

ヘルインアセル2017でWWE王座を防衛したジンダー・マハル選手、インドで少年に言われたんだ、マハラジャ、次はどうするのと。あなたは何度もランディ・オートンを倒した。何度も中邑真輔を倒した。スマックダウンライブの全員を倒したんだと。

そして俺は挑戦しなければならない。思い出させてやろう、俺こそがWWE王者だ。お前たちが倒せないと思っている奴を倒さないといけない。俺はWWEで最強にならなければならない。俺はサバイバーシリーズでビーストに、ブロック・レスナーに挑戦する!と宣言。

そこにAJスタイルズ選手が登場、スマックダウンライブの全員を倒したと言ったよな。まだAJスタイルズは倒していないぞ。

ジンダー・マハル選手はみんなのように思い込みの激しい奴だ。お前が俺に挑戦するなんて冗談だろ。俺が誰か分かっていないのか?と言うと、AJスタイルズ選手はフォアアームからペレキック、シン・ブラザーズがなんとか救出。

ルードvsジグラー


× ボビー・ルード

vs
〇 ドルフ・
ジグラー
丸め込み

ドルフ・ジグラー選手がタイツを掴んでの丸め込みで勝利!

中邑&オートンvsオーエンズ&サミ

中邑真輔vsケビン・オーエンズ
× ランディ・
オートン
〇 サミ・ゼイン
ヘルヴァキック

ケビン・オーエンズ選手がレフェリーの目を引きつけると、その隙にサミ・ゼイン選手が急所攻撃、そしてヘルヴァキックで勝利!

試合後、サミ・ゼイン選手とケビン・オーエンズ選手が俺たちはスマックダウンライブのトップ2を倒した。次は何だ?とダニエル・ブライアンGMに尋ねると、それは俺が決めることではに。シェイン・マクマホン次第だと、次週のスマックダウンライブにシェイン・マクマホンが登場すると発表!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

「【追記】中邑&オートンvsオーエンズ&サミ!【WWE・スマックダウンライブ 2017.10.17】」への2件のフィードバック

  1. サミ・ゼインのヒールっぷりが思ったより板についてますね。本人の言うとおり今までのキャラは真面目ないい子ちゃんすぎてあってなかったように感じます。
    これを機にまたサミ選手がトップ戦線に加われるように願いたいですね。
    そしていつかはレッスルマニアで片方はユニバーサル王座、もう片方はWWE世界王座を同時に奪取し二人で祝福しながら大会のエンディングをむかえる……そんなエディとベノワの再現のような光景を見てみたい……( ;∀;)

    1. 笑顔で悪態をつくサミ・ゼイン選手、いい感じでしたね!
      しばらくの間はトップどころで使われると思いますので、どこかでベルトに絡んでもらいたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA