マイク・ケネリスと鎮痛剤依存症【WWE・2017年10月】

WWE・SmackDown LIVEのマイク・ケネリス選手が鎮痛剤依存症についてコメント。

スポンサーリンク

マイク・ケネリス選手は2014年からマイケル・ベネットのリングネームで妻のマリア・ケネリス選手、マット・ターバン選手と共にキングダムとして新日本プロレス参戦。

現在はWWE・SmackDown LIVE の一員だが、放送に登場する機会は明らかに減っていた。

マイク・ケネリス選手、実は2017年8月に処方薬への依存を告白。

This picture was taken this year. It symbolizes my decision to get clean from an addiction to prescription drugs. A problem I kept hidden from my wife, my family, my friends, everyone. It has haunted me for almost 3 years, ever since I dislocated my knee cap. It really started to spiral out of control this past year and a half. I almost lost everything. Finally I decided I couldn’t keep hurting my wife or myself this way and I was going to get my life back. This picture was my way of making my beautiful wife laugh, during one of the most difficult times in our life. Without her, I would be lost. She is the strongest, toughest woman I know. She has been my rock and my reason for fighting. She has been with me every step of the way and I’ll say it again, I would truly be lost without her. It feels so incredibly wonderful to have my life back and to focus on what truly matters. Life has never been better, and everyday is a blessing. I wanted to write this as a symbol of hope, to anyone who is battling addiction. It can strike anybody, in any place, at any time. It does not discriminate. It can and will take everything from you. If you are struggling, please don’t give up hope. There is a light at the end of the tunnel, you are not alone. I have your back. #thereisalwayshope

Mike Kanellisさん(@therealmichaelbennett)がシェアした投稿 –

妻や家族、友人にも隠してきたが、依存症克服を決心してカミングアウト。

そして昨日、WWEはマイク・ケネリス選手がマリア・ケネリス選手とともに鎮痛剤依存症について語ったインタビューを公開。

約4年前の膝の負傷をキッカケに鎮痛剤の服用を開始、その後は痛みとうまく付き合ってきたが、新日本プロレスのツアー直前に肋骨を骨折。

自分が欠場すると当時のパートナーであるマット・ターバン選手の収入にも影響を与えるため、医師により強力な薬を処方してもらい、そこから依存症のスパイラルに陥ってしまった。

現在は治療を開始しており、トンネルの出口の明かりが見えてきたとのこと。

このインタビュー3週間後、マリア・ケネリス選手の妊娠が判明。

関連:マリア様がママに!【WWE・2017年9月】

依存症・中毒はもちろん、長年ひとりで抱えてきた秘密は簡単にカミングアウト出来ることではない。

勇気ある決断をしたマイク・ケネリス選手、受け入れて支えるマリア・ケネリス選手には尊敬の気持ちしかない。

二人が幸せな人生を送れるように心から願う。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA