ジェフ・コブがWWEと新日本プロレスについて語る【新日本プロレス・2017年8月】

ルチャアンダーグラウンドでマタンザ・クエト(Matanza Cueto)として活躍するジェフ・コブ選手がWWEと新日本プロレスについてコメント。

スポンサーリンク

2004年にオリンピックにも出場した”ミスター・アスレティック”ことジェフ・コブ選手が The Two Man Power Trip of Wrestling に出演。

そのポッドキャストでWWEと新日本プロレスに対する興味について語りました。

―WWEについて
現時点では分からないが、WWEで働きたくないと言う事は真っ赤な嘘をつく事になるのは事実だ。あそこに行きたくないとは決して言わない、 良い暮らしをしたいし、パフォーマンスセンターでトレーニングして闘いたい。パフォーマンスセンターを利用出来たら素晴らしい事だ。でも現時点では、世界中を飛び回る”インディー”の時間を楽しんでいる。WWEでは出来ない事だ。パフォーマンスセンターにいる必要があったり、タンパとかでショーがあったりしたら、アイルランドのブッキングを受けるよとは言えないだろ。持ちつ持たれつの関係だ、大きな注目を集めて良い暮らしをする代わりに、常に一緒にいなければいけない。その前にやりたいことがいくつかある。新日本プロレスで自分がどうするのか見てみたい。レスリング業界はネバー・セイ・ネバーだと言われるように、もしその時が来たら、自分と家族にとって何がベストかよく調べる必要があるね。
―新日本プロレスについて
是非行きたい。俺にはドクター・デス(スティーブ・ウィリアムス)やゲーリー・オブライトのような大男ほどの上背はないが、間違いなくバックグラウンドがある。挑戦して何が起きるか見てみたい。(ガイジンとして日本に行くのは)良い目標だ。(アマレスのキャリアを)新日本プロレスが知って、自分に賭けてみようとしてくれる事を期待している。

まあこういうインタビューでは、WWE以外の選手はみな同じような言い回しになりますよね。

WWEに行きたいのも本音だろうし、常に拘束されたくないのも事実だろうし、新日本プロレスに参戦したいのも事実なんでしょう。

また現在はルチャアンダーグラウンドの契約下(シーズン4の収録の日程は未定)であることも明言。

ルチャアンダーグラウンドとの契約以外の確定事項は何もありませんが、近い将来に新日本プロレス参戦のため来日する日を楽しみにしておこうと思います!

キース・リー選手もね!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA