KUSHIDAがハウスショーでNXT王座初挑戦&ヒールターンした紫雷イオのフィニッシャー【WWE・2019年7月】

WWEのKUSHIDA選手がハウスショーでNXT王座初挑戦&ヒールターンした紫雷イオ選手がフィニッシュホールドを変更!

2019年7月18日&19日、NXTはフロリダ州でハウスショーを開催。

まずは18日、ヒールターンした紫雷イオ選手はシングルマッチでケイシー・カタンザロ選手と対戦。

コスチュームを一新した紫雷イオ選手がバックブリーカーからテキサスクローバーホールドでギブアップを奪いました。

ヒールターンにより、これまでのフィニッシュホールドであるムーンサルトプレスは封印。

今後はテキサスクローバーホールドで試合を決めることが増えていきそうです。

また同大会で元バスケットボールの選手のジョーダン・オモビヒン( Jordan Omogbehin )選手がハウスショーデビューを果たしました。

身長220cmでこの軽快な身のこなし!

ちなみにビッグショー選手は身長213cm、アンドレ・ザ・ジャイアントさんは身長223cm。

プロレス界に新たに誕生した大巨人からも目が離せない。

そして翌日19日、ハウスショーのメインイベントでKUSHIDA選手がNXT王座に初挑戦!

結果は王者アダム・コール選手が背後からのスーパーキック、そして後頭部へのラストショットで勝利!

残念ながらNXT王座には届きませんでしたが、今後のTV放送&PPVでもタイトルマッチが実現する日を心待ちにしています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA