KUSHIDAの今後「渡米します」【新日本プロレス・2019年2月】

元新日本プロレス・KUSHIDA選手の今後についてご紹介。

スポンサーリンク

2019年1月29日、KUSHIDA選手は新日本プロレス所属としてラストマッチを終え、新日本プロレスとの契約を満了。

新日本プロレスに別れを告げ、今月2月から新天地に移籍します。

関連:KUSHIDAへのお別れのメッセージ【新日本プロレス・2019年1月】

KUSHIDA選手の今後、そして新天地として噂されるWWEに対する印象について、先週の週刊プロレス No.1996で自らの心境を明かしました。

―退団後は世界で活躍したいということですが、ひとまずはアメリカを拠点にするんですか?
K そうですね。渡米します。
―これまでアメリカと言えばROHには頻繁に上がっていましたが、そういうなかで一方のWWEに関しては同様な印象を持っていましたか?
K 印象的なのは、ROHの会場でROHのファンがものスゴい(WWEに対して)敵対心を抱いているんですよ。ボクがACHとタイトルマッチをやったときにも、”WWEよりオマエたちの試合の方がおもしろい”っていうようなコールが起きたことがあって。あとサイン会のときにも”絶対にWWEなんかに行くなよ”ってスゴい言われたし(笑)。
―WWEがそれだけ巨大だからこそ、裏返しとしてそのような反応も出て来るんでしょうね。
K そこでボクの変態心というか、好奇心がそそられるんですよね。そんなにみんなが(WWEのことを)言うけど、結局そこに行った人間しか経験談は話せないわけですから。”あの団体はクソだ”って言ういまどきのレスラーの風潮を聞いてると、だいたいネットから仕入れた情報なんじゃないかなっていう。ガイドブックには書いていない旅先の情報とかは現地に行ってみないと分からないし、自分の目で見て、耳で聞いて、匂いをかいでっていう、本当に知ったかぶりではなくて、見て見ぬふりでもなくて、自分の足で見ていくべきだなと、プロレスラーKUSHIDAは感じましたね。(引用:週刊プロレス No.1996)

まずはアメリカに渡り、かつての中邑真輔選手のように、フロリダ州オーランドにあるパフォーマンスセンターでトレーニングを積み、NXTデビューを目指すことになる見込み。

次のNXTのPPVは4月5日に開催されるテイクオーバー:ニューヨーク。

レッスルマニアウィークで世界中が注目するPPVまでにトップ戦線に加われるか?

今後のKUSHIDA選手の動向に注目!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA