MVPが初代IWGPインターコンチネンタル王座に輝く!【2011.5.15】

【新日本プロレス・振り返りNo.74】

今回は2011年5月15日のMVP選手!

スポンサーリンク

初代IWGPインターコンチネンタル王座決定トーナメント決勝戦

〇 MVP
TTB
vs× 矢野通

関連:試合動画(新日本プロレスワールド)

2011年5月15日・アメリカ大会、初代IWGPインターコンチネンタル王座決定トーナメント決勝戦!

決勝戦に駒を進めたのは元WWEスーパースターのMVP選手とCHAOSの矢野通選手。

いきなり矢野通選手が奇襲を仕掛けて場外戦に持ち込むが、リング上でMVP選手が一枚上手。

矢野通選手も手首のテーピングで首を絞めて応戦するが、MVP選手がフロントスープレックス、ボーリン・エルボーで再び流れを引き寄せる。

しかし矢野通選手はレフェリーの隙を突いて急所蹴りからの赤霧、さらに鬼殺しを決めるも2カウント!

今度は傘攻撃を決めるも、逆にMVP選手に傘攻撃を食らってしまい、最後はプレイメーカーからのTTBでギブアップ!

MVP選手が初代IWGPインターコンチネンタル王座に輝きました!

当初のMVP選手は小島軍(仮)の一員として新日本プロレス参戦。

しかし小島軍(仮)は鈴木みのる選手に乗っ取られ、IWGPインターコンチネンタル王座決定トーナメント以降は本隊の一員として行動することになる。

新設されたIWGPインターコンチネンタル王座の歩む道のりをお楽しみに!

関連:新日本プロレス振り返りまとめ(2007.6~)

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA