フィン・ベイラーのキャリアで最高の試合【WWE・2017年10月】

WWE・RAWのフィン・ベイラー(元:プリンス・デヴィット)選手のインタビューをご紹介。

スポンサーリンク

日本では2017年10月19日から数量限定での販売となるWWEのゲーム最新作 WWE 2K18。

このゲームに関する質問を受けたフィン・ベイラー選手が、古巣・新日本プロレスの選手についてコメント。

―多くのファンがWWEのゲームで他団体の選手を作るのが好きです。あなたが過去に対戦した選手のなかで、ファンは誰を作るべきだと思いますか?
俺はずっと外道の大ファンで、日本の自分のキャリアで最も大きな影響を受けた一人だ。
彼はまったく無駄がないレスラーだ、ゲームに反映できるか分からないけどね。でもWWEに来る前に、俺は外道と2013年7月頃に自分のキャリアで最高の試合をしたと思っている。Metroより)

フィン・ベイラー選手が自身のベストマッチに挙げたのは、2013年7月5日・後楽園ホール大会のIWGPジュニアヘビー級王座戦!

外道選手の歴史とプロレスの奥深さを感じる素晴らしいタイトルマッチだったと記憶しています。

改めてこの写真を見ると、より感慨深い気持ちになりますね…

いつになるか分かりませんが、プリンス・デヴィット選手が帰ってくる日を信じて待ちたいと思います。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA