シェルトン・ベンジャミンと中邑真輔【WWE・スマックダウンライブ】

WWEに復帰したシェルトン・ベンジャミン選手のインタビューをご紹介。

スポンサーリンク

WWE・SmackDown LIVEに復帰したシェルトン・ベンジャミン選手のインタビューが更新されました!

2010年にWWEを離れてから再びWWEに戻ってくるまでの日々や現在のWWEスーパースターに関する質問に回答。

そのなかで新日本プロレス参戦時代に抗争をしていた中邑真輔選手についてコメント。

―(ROHを経て)日本のレスリングに移っていった?
あ、そして新日本プロレスと仕事を始めた。最後の4年半は主に日本にいた。
―そこで未来のWWEスーパースターである中邑真輔らと対戦した?
中邑はそこ(新日本)で最初の抗争相手だった。彼が俺を日本のスタイルに溶け込ませてくれた。またそこで初めてフィン・ベイラーについて耳にした。

鈴木軍の”X”として繰り広げた、中邑真輔選手とのIWGPインターコンチネンタル王座を巡る抗争。

ベルト獲得はならなかったものの、シェルトン・ベンジャミン選手の実力を新日本プロレスファンに一気に知らしめた。

―タッグ、シングル問わず、対戦したい選手は?
タッグに関してはウーソズ。俺たちの腰にベルトがない限り、彼らがターゲット。ニューデイも。
(中略)
シングルプレイヤーとしては、正直に言うと、中邑真輔ともう一度闘いたい。あの素晴らしい試合をもう一度したい。これまでAJスタイルズと対戦する機会がなかった。スタイルズはスポーツエンターテイメントで最もフェノメナルな選手の一人だ、疑問の余地もない。彼と対戦してみたい。そして、始めたばかりの頃に多くの試合をしてきたが、信じないかもしれないが、またランディ・オートンと闘いたい。

シェルトン・ベンジャミン選手と中邑真輔選手がSmackDown LIVE所属の間に再戦が見れることを願っています!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA